リーダブルコードを読んだまとめ

   2016/06/05

先日、会社の先輩のおすすめで リーダブルコード という本を読んだ。 きれいなプログラムコードを書く方法が書いてあるものだ。

特に気になったことをまとめておく。

名前

  • tmpなどの汎用的な名前は避ける
  • 明確な英単語を選ぶ
  • 値には単位をつける
  • 限界値を含める場合はmax,minを使い含めない時はfirst,lastを使う
  • getは軽量アクセッサーのみで使う

コメント

  • コードを見てわかることはコメントに書かない
  • コードの欠陥、注意点をコメントとして書く
  • 質問されそうなことを相続して書く
  • 代名詞は書かない
  • 関数の動作を正確に記述する

ロジックの単純化

  • if文の引数は変わる値を左辺に書く
  • if文はthenブロックを先に書く
  • 関数は早く返す
  • ネストを浅くする

変数と読みやすさ

  • 変数は2個まで
  • 変数のスコープはできるだけ小さく

タスク

  • 1度に1つのことしかしない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。