スクラム開発のやり方

 

会社でスクラム開発をやっているのでその手順をメモします。

1.ユーザストーリを決める

スクラム用のサービを使って、ユーザストーリを決めていきます。
今回使ったのはTaiga.ioというサービスです。
動作はちょっと重いですが、無料で使えます。

ユーザストーリは、
○○として、○○ができる
という形式で作成します。 システムを使うユーザにとって有益な内容にします。
さらにユーザストーリの理由「なぜならば」を書くとそのストーリがなぜ必要なのかを明確にすることができます。

2.見積もりを行う

基準となるストーリを決め、それを3として各ストーリのポイントをチーム全員で決めていきます。

(やり方)

  • メンバーが一斉に自分の考えているポイントを発表する
  • 数人がそのポイントの根拠を話す
  • みんなが納得した数字に決める
  • 意見が割れた場合は高い方に合わせる

(ポイント分類)
0 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89

3.タスクを作成し時間見積もりを行う

ユーザストーリの中でさらにタスクを作成し見積もりを行います。

4.スプリント計画を立てる

まず、スプリントの日数を決め、スケジュールを立てます。その後、1つのスプリントに入るユーザストーリを割り当てて行きます。

5.TODO

未定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。